HOME > 活動のご紹介 > 役職員や組合員の研修 > 大阪府生協連「政策討論集会」を開催

大阪府生協連「政策討論集会」を開催

CASA早川専務理事の基調講演
政策討論集会で挨拶する 大阪府・佐々木課長
日本生協連からの報告
パネルディスカッション
1月28日(月)KKRホテル大阪にて、大阪府生協連「2007年度政策討論集会」を開催しました。20会員・連合会・行政・講師を含めて123名が参加しました。
今年度は、「進む地球温暖化と京都議定書の目標達成に向けて」と題し、最新の科学的知見による地球温暖化の現状と京都議定書の目標達成に向けた問題点や国際的な動向を学び、生協としての事業計画に温暖化対策を組み込みことや消費者としての活動を強めていくこと確認することを目的として開催しました。
黒木 稔府連常任理事(大阪北生協専務理事)の司会で始まり、津村明子会長理事が主催者として挨拶を行った後、来賓として、大阪府生活文化部副理事で府民活動推進課の佐々木課長からご挨拶をいただきました。
基調講演は、講師に「地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)」の早川専務理事をお迎えし、加速する温暖化の状況、地球環境への影響、国際交渉の状況、今後の課題等について、ご講演いただきました。
続いて、日本生協連組織推進本部環境事業推進室の羽田様より、生協の温暖化防止自主行動計画の国のフォローアップ対象への移行と、2008年度全国の生協に呼びかけ取り組む「コープ地球温暖化防止1000万人のくらし見直しキャンペーン」について報告いただきました。
休憩をはさみ後半では、「地球温暖化を防止するために、私たちができること」と題して、パネルディスカッションを行いました。パネラーには、行政から大阪府環境農林水産部 みどり・都市環境室 地球環境課の橋田総括主査、事業者から「環境試験機器」メーカーのエスペック株式会社(大阪市北区天神橋)環境管理部EM推進グループの前田様、環境団体からCASAの福村様、そして消費者として、おおさかパルコープの加集理事に登壇いただきました。
CASAの早川専務理事の進行で、各パネラーから地球温暖化防止を中心とする環境活動についてご報告いただき、早川専務から各パネラーへの質問で、更に内容を深めました。
基調講演、パネルディスカッションの内容については次回会報で特集として講演録を掲載します。
1月28日(月)KKRホテル大阪にて、大阪府生協連「2007年度政策討論集会」を開催しました。20会員・連合会・行政・講師を含めて123名が参加しました。
今年度は、「進む地球温暖化と京都議定書の目標達成に向けて」と題し、最新の科学的知見による地球温暖化の現状と京都議定書の目標達成に向けた問題点や国際的な動向を学び、生協としての事業計画に温暖化対策を組み込みことや消費者としての活動を強めていくこと確認することを目的として開催しました。
黒木 稔府連常任理事(大阪北生協専務理事)の司会で始まり、津村明子会長理事が主催者として挨拶を行った後、来賓として、大阪府生活文化部副理事で府民活動推進課の佐々木課長からご挨拶をいただきました。
基調講演は、講師に「地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)」の早川専務理事をお迎えし、加速する温暖化の状況、地球環境への影響、国際交渉の状況、今後の課題等について、ご講演いただきました。
続いて、日本生協連組織推進本部環境事業推進室の羽田様より、生協の温暖化防止自主行動計画の国のフォローアップ対象への移行と、2008年度全国の生協に呼びかけ取り組む「コープ地球温暖化防止1000万人のくらし見直しキャンペーン」について報告いただきました。
休憩をはさみ後半では、「地球温暖化を防止するために、私たちができること」と題して、パネルディスカッションを行いました。パネラーには、行政から大阪府環境農林水産部 みどり・都市環境室 地球環境課の橋田総括主査、事業者から「環境試験機器」メーカーのエスペック株式会社(大阪市北区天神橋)環境管理部EM推進グループの前田様、環境団体からCASAの福村様、そして消費者として、おおさかパルコープの加集理事に登壇いただきました。
CASAの早川専務理事の進行で、各パネラーから地球温暖化防止を中心とする環境活動についてご報告いただき、早川専務から各パネラーへの質問で、更に内容を深めました。
基調講演、パネルディスカッションの内容については次回会報で特集として講演録を掲載します。
CASA早川専務理事の基調講演
政策討論集会で挨拶する 大阪府・佐々木課長
日本生協連からの報告
パネルディスカッション