HOME > 活動のご紹介 > 役職員や組合員の研修 > ジェンダーフォーラム協議会・学習講演会を開催しました

ジェンダーフォーラム協議会・学習講演会を開催しました

3月3日(木)に、2015年度の「ジェンダーフォーラム協議会・学習講演会」を開催し、10会員から46名が参加しました。
今回の学習講演会は、最近のマスコミ報道等でも取り上げられる機会が多くなっている「性的マイノリティ(LBGT)」について、正しく知るために、その基本的なことを学ぶことを目的に開催しました。
「性は女性・男性だけに分けられるものではない」。同性愛者や両性愛者、性同一性障害を持つ性的少数者(性的マイノリティ)への理解を深める取り組みや制度づくりが、企業や行政で進められようとしています。しかし、まだ日本ではその取り組みも遅れている状況です。多様な性を理解し、誰もが自分らしく生きていける社会づくりに向けて活動をされている「特定非営利活動法人LGBTの家族と友人をつなぐ会」から講師をお招きし、「性的マイノリティ(LGBT)を理解するために~自分らしく生きていける社会づくりに向けて~」と題してお話いただきました。
講演の冒頭に、小学生向けのDVD教材「いろんな性別~LBGTに聞いてみよう~」を見た後、「LBGTってなに?」「セクシュアリティの4指標」「多様な性・性はグラデーションである」「LBGTってどれくらいいるの?」「同性愛、性的違和に対する医学の対応」「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律、その問題点」「性同一性障害学会・文科省等の動き」「家族の体験」「LBGTの家族と友人をつなぐ会の活動」等についてお話いただきました。
講演の後は、参加者がグループに分かれ、感想等の交流をし、グループからの発言を受け、講師から講評いただきました。

〈参加者の感想より抜粋〉
・目からうろこなことがいっぱいでした。性別の別はいらないのかもしれない。
・単なる見方ではいけないと考えた。自分の中にも女性的な部分はあるし人の有様をひとくくりにはできない。
・身近にこの事で悩んでいる知人も居り、どう対応すればよいのか考えさせられる機会があったのでお話を聞き少し楽になった気がした。
・全ての人が違って各々個性があること、「障害」などと呼ばずに社会が受け入れられればいいと思った。
・私は生まれ授かった体、健康な体にメスを入れ取り除いたり形を変えてしまうことはあまりよくないと思いました。「心は自分の思うままに、気持ちは自然なままに、体も手を加えず自然なままに」ということだと思います。
3月3日(木)に、2015年度の「ジェンダーフォーラム協議会・学習講演会」を開催し、10会員から46名が参加しました。
今回の学習講演会は、最近のマスコミ報道等でも取り上げられる機会が多くなっている「性的マイノリティ(LBGT)」について、正しく知るために、その基本的なことを学ぶことを目的に開催しました。
「性は女性・男性だけに分けられるものではない」。同性愛者や両性愛者、性同一性障害を持つ性的少数者(性的マイノリティ)への理解を深める取り組みや制度づくりが、企業や行政で進められようとしています。しかし、まだ日本ではその取り組みも遅れている状況です。多様な性を理解し、誰もが自分らしく生きていける社会づくりに向けて活動をされている「特定非営利活動法人LGBTの家族と友人をつなぐ会」から講師をお招きし、「性的マイノリティ(LGBT)を理解するために~自分らしく生きていける社会づくりに向けて~」と題してお話いただきました。
講演の冒頭に、小学生向けのDVD教材「いろんな性別~LBGTに聞いてみよう~」を見た後、「LBGTってなに?」「セクシュアリティの4指標」「多様な性・性はグラデーションである」「LBGTってどれくらいいるの?」「同性愛、性的違和に対する医学の対応」「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律、その問題点」「性同一性障害学会・文科省等の動き」「家族の体験」「LBGTの家族と友人をつなぐ会の活動」等についてお話いただきました。
講演の後は、参加者がグループに分かれ、感想等の交流をし、グループからの発言を受け、講師から講評いただきました。

〈参加者の感想より抜粋〉
・目からうろこなことがいっぱいでした。性別の別はいらないのかもしれない。
・単なる見方ではいけないと考えた。自分の中にも女性的な部分はあるし人の有様をひとくくりにはできない。
・身近にこの事で悩んでいる知人も居り、どう対応すればよいのか考えさせられる機会があったのでお話を聞き少し楽になった気がした。
・全ての人が違って各々個性があること、「障害」などと呼ばずに社会が受け入れられればいいと思った。
・私は生まれ授かった体、健康な体にメスを入れ取り除いたり形を変えてしまうことはあまりよくないと思いました。「心は自分の思うままに、気持ちは自然なままに、体も手を加えず自然なままに」ということだと思います。