HOME > 活動のご紹介 > 役職員や組合員の研修 > “女だから”“男だから”はもうやめよう

“女だから”“男だから”はもうやめよう

写真エスコープ大阪  理事 
吉田正美

~大阪府生協連ジェンダーフォーラム協議会から~


私が子どものころ、母は、昔ながらの近所付き合いのある土地で、祖父母と同居しながら、嫁という立場で家事育児をしていました。いつも家にいて、家族の世話をしている母を見て、母のことは尊敬していましたが、そんな生き方に反発を感じ、大人になったら「私は働く女(家から出て、有償で働く女)になるぞ」とずっと思っていました。今思えば、ずいぶん幼いころからジェンダーを感じていたようです。
そして今、私は生協で組合員理事をしています。子どものころ思っていた「働く女」とは少し違うけれど、社会と積極的に関わることのできる今の生活を結構気に入っています。私の周りは実に元気な女性が多いです。ワーカーズコレクティブとして働いていたり、NPOを立ち上げたり、生協活動を前向きにがんばっていたり…働き方は人それぞれですが、みな自分らしく生きているから元気です。しかし、彼女たちの多くは収入が少なく、社会的な保障もありません。安定した夫の収入がなければ成り立たないのが現実です。それっておかしいですよね。男女共に配偶者に頼らなくてもいいような社会的な仕組みが早急に必要です。男性も少し仕事を減らして自分らしく過ごすことを楽しめたらいいですよね。男性も子育てや家事を楽しむのはどうでしょう。もっと仕事をシェアして、権利も義務も収入も保障も自分の時間も平等に分け合えたらいいと思います。
私は女性に生まれてよかった、子どもを生むことができてよかったと思っています。子どもができたら社会から切り離される、私が私でなくなってしまうと思っている人がいるけれど、母となっても自分を好きでいたらいいし、自分らしく生きることはできると思います。女性が男性並みに働くことだけが「男女共同参画」ではなく、男性と女性は生まれ持った資質が違うから、その違いは認めつつ、性差を個性として受け止め、一人ひとりを大切にしていくことが本当の「男女共同参画」だと思っています。私は私らしく、人生を楽しみたいと思います。

~大阪府生協連ジェンダーフォーラム協議会から~


私が子どものころ、母は、昔ながらの近所付き合いのある土地で、祖父母と同居しながら、嫁という立場で家事育児をしていました。いつも家にいて、家族の世話をしている母を見て、母のことは尊敬していましたが、そんな生き方に反発を感じ、大人になったら「私は働く女(家から出て、有償で働く女)になるぞ」とずっと思っていました。今思えば、ずいぶん幼いころからジェンダーを感じていたようです。
そして今、私は生協で組合員理事をしています。子どものころ思っていた「働く女」とは少し違うけれど、社会と積極的に関わることのできる今の生活を結構気に入っています。私の周りは実に元気な女性が多いです。ワーカーズコレクティブとして働いていたり、NPOを立ち上げたり、生協活動を前向きにがんばっていたり…働き方は人それぞれですが、みな自分らしく生きているから元気です。しかし、彼女たちの多くは収入が少なく、社会的な保障もありません。安定した夫の収入がなければ成り立たないのが現実です。それっておかしいですよね。男女共に配偶者に頼らなくてもいいような社会的な仕組みが早急に必要です。男性も少し仕事を減らして自分らしく過ごすことを楽しめたらいいですよね。男性も子育てや家事を楽しむのはどうでしょう。もっと仕事をシェアして、権利も義務も収入も保障も自分の時間も平等に分け合えたらいいと思います。
私は女性に生まれてよかった、子どもを生むことができてよかったと思っています。子どもができたら社会から切り離される、私が私でなくなってしまうと思っている人がいるけれど、母となっても自分を好きでいたらいいし、自分らしく生きることはできると思います。女性が男性並みに働くことだけが「男女共同参画」ではなく、男性と女性は生まれ持った資質が違うから、その違いは認めつつ、性差を個性として受け止め、一人ひとりを大切にしていくことが本当の「男女共同参画」だと思っています。私は私らしく、人生を楽しみたいと思います。
写真エスコープ大阪  理事 
吉田正美