HOME > 活動のご紹介 > 役職員や組合員の研修 > “女だから”“男だから”はもうやめよう

“女だから”“男だから”はもうやめよう

コープ自然派ピュア大阪
非常勤理事
黒河内 繁美

~大阪府生協ジェンダーフォーラム協議会から~


「お日さま色の家」を建ててみえたこと
3年前家を新築した。建て坪16。土地は夫の実家の庭の片隅。資金は950万円。結婚以来住んだマンションを売った半額。というのも脱サラをした夫と友人の事業が倒産という悲しい理由からだった。不動産屋も驚く程の、売り出し僅か一週間でマンションは売れた。家が建つまで、家族3人は夫の実家の二間に6月から半年余居候することになった。
コーディネイトはコープ自然派のワーカーズ『NPO法人 まどり』に依頼した。設計から、以前より4割りも狭いので荷物の整理の計画立て、精神的支え等お世話になった。
まどりのスタッフは全員女性。スタッフの話しだが、台所や生活導線等は日常家事をしてないと設計はできない。窓の位置や屋根の傾斜は、実家と隣近所との付合いが肝心。ところが今でも設計士は(家事経験&近所付合いのない)男の職場だそうだ。最近は女性も増えたが、施主が女性でも大金を積むのに、出産、育児で責任者が抜けるのは困る。我が家でのお馴染みの光景、設計士が図面を前に泣き出した乳児におっぱいなんて言語道断。設計士は建てる毎に腕と実績を磨く。男には仕事は来るが、女には来ない。企業では結婚しても女は子どもを持てない。まどりの設計士は結婚後暫くして退社した。
さて、実家に引っ越した36時間後、私と息子は家出した。その後も小競り合いがあった。20年間の別居は、風呂場の石鹸の置方一つが問題になる。生活の時間帯は異なる。世話をする側とされる側。夫は人生一からやり直し。息子は大学受験。怒濤の半年だった。
家の建設が始まり、近所の人が繁く建設現場に立ち寄る。木の香りがいいのだ。奈良県の川上村産の吉野杉と桧の間伐材だ。小さな家だが、山が少し蘇る。
外壁は黄色。皆始め見た時驚いたが、息子の一言「お日さま色の家だね」で何もかも決着した。

~大阪府生協ジェンダーフォーラム協議会から~


「お日さま色の家」を建ててみえたこと
3年前家を新築した。建て坪16。土地は夫の実家の庭の片隅。資金は950万円。結婚以来住んだマンションを売った半額。というのも脱サラをした夫と友人の事業が倒産という悲しい理由からだった。不動産屋も驚く程の、売り出し僅か一週間でマンションは売れた。家が建つまで、家族3人は夫の実家の二間に6月から半年余居候することになった。
コーディネイトはコープ自然派のワーカーズ『NPO法人 まどり』に依頼した。設計から、以前より4割りも狭いので荷物の整理の計画立て、精神的支え等お世話になった。
まどりのスタッフは全員女性。スタッフの話しだが、台所や生活導線等は日常家事をしてないと設計はできない。窓の位置や屋根の傾斜は、実家と隣近所との付合いが肝心。ところが今でも設計士は(家事経験&近所付合いのない)男の職場だそうだ。最近は女性も増えたが、施主が女性でも大金を積むのに、出産、育児で責任者が抜けるのは困る。我が家でのお馴染みの光景、設計士が図面を前に泣き出した乳児におっぱいなんて言語道断。設計士は建てる毎に腕と実績を磨く。男には仕事は来るが、女には来ない。企業では結婚しても女は子どもを持てない。まどりの設計士は結婚後暫くして退社した。
さて、実家に引っ越した36時間後、私と息子は家出した。その後も小競り合いがあった。20年間の別居は、風呂場の石鹸の置方一つが問題になる。生活の時間帯は異なる。世話をする側とされる側。夫は人生一からやり直し。息子は大学受験。怒濤の半年だった。
家の建設が始まり、近所の人が繁く建設現場に立ち寄る。木の香りがいいのだ。奈良県の川上村産の吉野杉と桧の間伐材だ。小さな家だが、山が少し蘇る。
外壁は黄色。皆始め見た時驚いたが、息子の一言「お日さま色の家だね」で何もかも決着した。
コープ自然派ピュア大阪
非常勤理事
黒河内 繁美